ウィンドウ10最適化のドライブ同期化解除およびオフにする方法

ウィンドウ10最適化のドライブ同期化解除およびオフにする方法

 


ウィンドウ10には基本的にマイクロソフトクラウドプログラムであるウォンドゥライブが設置されています。 そしてウインドウ10開始の際、自動的に開始され、自動的に同期化をします。

事実、クラウドサービスをよくしない人たちはこのような基本機能が厄介で、コンピュータ資源を取って食べていてあまり良くはありません。 使用しないなら、削除することも悪くはないと思います。

しかし、ウィンドウ10を使用する使用者なら、マイクロソフト、ハンドルネームをもっているだろうし、それではウォンドゥライブの基本保存スペースを使用することができます。 幸いにもウィンドウ10でウォンドゥライブを実行すると、ログインをする必要もありません。 まさに私のPCフォルダを開きように使用することができます。

だからあえてウォンドゥ・ライドを削除する必要はないと思います。 削除よりは同期化及びオフにする方法を通じて機能を消しておい、必要な時に使用することがより賢明しないと思っています。 最近はモバイルと同期化をしなければならない場合もたくさんできますが、その時ウォンドゥライブを利用することもかなり良い方法であるはずです。

 

とにかく普段よく使用しないウォンドゥライブが白檀で継続して同期化をしていると、コンピュータ資源を食って、少しでもパフォーマンスを下げる原因になりうるので、消しておいた方が良さそうです。

ウィンドウ10ウォンドライブ同期化及びオフにする方法はそんなに難しくありません。 簡単に設定画面で何回かクリックだけで作業を完了できます。

先に作業表示ライン右側トレイアイコンでウォンドゥライブを尋ねてマウスを右クリックをした後の中間部分にある[設定]項目をクリックします。

 

それではウォンドゥライド設定のポップアップウィンドウが一つ表示されます。 そこで再び[設定]タブを選択します。

 

設定タブで一番上の部分である一般グループにあるチェックボックスのチェックを全部解除してください。 上イメージで見えるのと一緒に設定したらドェルドェプニダ。

そして、参考として、他のタブを見ると、使用者設定部分があるが、利用者の便宜に応じて設定をしておくこともいいと思います。

 


私のような場合、すべて必要ないよう、全部消して使用をしています。

基本的にこのようにだけ設定すれば、ウォンドライブ同期化及びオフにする設定は終わります。 こうしたってウォンドゥライブを使用しないわけではありません。 [スタート>すべてのプログラム]でウォンドゥライブを探したり、検索で"OneDrive"を探して実行すればいいです。

 

ここで知っておく事項は検索する場合、ハングルでウォンドゥライブと検索を行えば、検索が出来ないです。 英語で検索をしなければ、探しするゴッオプニダ。 この部分はちょっと残念ですね。 易しい単語と思いますがそれでもハングルが楽だが、言葉です。 ^^

こんなにウォンドゥライブを必要する時だけ実行をしたらその時だけ同期化になると我ながら素晴らしい方法のようです。 普段はウォンドライブ機能が消えているのです。

ウォンドゥライブを使用しないか、ウォンドライブの使用率が書いた方たちは円のドライブ削除よりは上の方法を通じて機能を消しておいていながら必要な時使うことができるように作っておいた方が良い方法だと思います。

\

Remove all ads

ドウ左きき用マウスカーソル設定すること

ドウ左きき用マウスカーソル設定すること

 


世の中のほとんどの物は右利き用に作られたことがたくさんあります。 そのために左利きが早く死ぬという話もあります。

なぜかというと、あらゆる物が右利き用に出たため、左利きの方がそれに合わせて使っているため、知らず知らずのようにストレスを受け、右ききの人よりも早く死ぬて行くそうですね。 信じまいです。 ^^

さて... このような右利き用はコンピュータの使用においても同様です。 ウィンドウの基本設定は右利き用に作られました。 ウィンドウを使用し、最も使用頻度が多くのマウス使用においても右利き用に作られているために左利きにはたくさん不便だったのは事実です。

それで今日は左利きの方を向けたマウスの設定方法について調べてみるようにします。 説明はXP基準で行うようにします。 私のウィンドウ7にはマイクロソフトのインテリポイントが設置されているので一般利用者の方々やインタフェースが間違って私のサブノート型パソコンのXPを基準として説明するようにします。

まず、[コントロールパネル]で[マウス]項目を探してクリックしてください。 それでは[マウス登録情報]ウィンドウが表示されますが、一つのタップインボタンタブで[右ボタンと左ボタン機能置換]項目にチェックをし、[確認]ボタンを押せば出来ます。

 

それでは普通私たちが使用するマウスボタンの右側機能と左機能が変わります。 まずここまですればマウス機能の左利き用設定は終わります。

しかし、問題が一つあるがマウスカーソルの矢印の先が左に偏った右利き用に
なっているため、同部分も左利きの方にはたくさん不便だろうと思います。

これをマイクロソフトで知っていたかどうか左利き用マウスカーソルファイルを提供してくれています。 下記のサイトで左利き用のマウスカーソルをダウンロード受けてください。

 

MSDNで左利き用マウスカーソルダウンロードすること

 


▼直接ダウンロード

Left-Handed Mouse Pointers.zip

ダウンロードサイトで基本サイズ6個をクリックして同意画面に同意(I Agree)を召し上がったのち、マウスカーソルファイルをダウンロードすればいいです。

 


上イメージで見るののように私たちがよく見るマウスカーソルの形の反対方向にされており、ウェンソク漁の方が見るにいいと思います。 このファイルを[マウス登録情報](コントロールパネル->マウス)窓ポイントタップで該当大きくて形を指定してくださればいいです。

 


こうすれば左きき用マウスの設定は全て終わります。


左利きだが、右利き用のマウス機能とカーソルを見ていたなら、上基本設定とファイルの指定で左利きに合うUIでみてください。 左利きの方には手と目がずっと楽して知悉ことです。

Remove all ads

ウィンドウ7のキーボードをマウスのように使用する方法

ウィンドウ7のキーボードをマウスのように使用する方法

 

 

ウィンドウを使用し、マウス無しに使用することは本当に易しくないですね。 ウィンドウに慣れすぎ、よく使う簡単な命令語ではなくてはよく記憶をしません。

ところでもしマウスが故障してキーボードだけで使用をしなければならないなら、どうでしょうか。

本当に退屈で使用できないようです。 しかし、ウィンドウ内部にキーボードをマウスのように使用することができるようにする機能が入っています。 マウスが故障である時に臨時で使用できるキーボードをマウスのように使用する方法について調べてみます。

ここではウィンドウ7を基準に申し上げるようにします。

先に、コントロールパネル->接近性に入って行って、マウス作動方法変更やキーボード作動方法変更のどちらかを選択します。

 


その後マウスキースイッチオンする部分をチェックしてくださればいいです。

 

以後、下の部分にあるマウスキー設定部分は使用者が口に合うように設定をして使用すればいいです。 基本として使用しても構わないように見えます。

 

このように設定をしたらキーボードのキーパッドを利用してマウスカーソルを動かすことができます。 マウスが故障した時に臨時で使うには本当に良い機能であるようです。

ところでマウスが故障したときにあんなに設定するため、キーボードだけで探して聞いて行くにはは難しそうですね。 それでショートカットキーやキーボード上下キーで探して聞いていく方法を教えてあげます。

先にウィンドウき+Uを押してマウスを簡単に使用する設定やキーボードを使用しやすいように設定部分に入って行くと簡単に上と同じ設定を同一にすることができます。

 

キーボードを利用した設定方法
ウィンドウ+Uキー押し
キーボードアレキを利用し、マウスを使用しやすく設定やキーボードを使用しやすいように設定部分まで移動後、エンターキー押し
キーボードアレキを利用してマウスの起動する部分まで移動後、スペイ刃牙を利用してチェック選択
タブ(Tab)キーを利用して確認や適用ボタンまで移動後、エンターキー押し

さらに、XPでも上記のような機能を使用することができます。 XPでは、制御版で接近性がない僕に必要なオプション部分に入って行って設定すればいいです。

 

ウィンドウを使用する マウスの以上で使用上に不便さがいる時に上と同じ設定を通じて臨時にもっと楽に使用できると思います。

Remove all ads

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

 


個人的に無線のコンピューター機器があまり好きではありません。 好奇心に何度購入したが、有線に比べてディレイがひどいと感じて無線装備がほとんど使えませんでした。

しかし、最近無線の装備が良くなってそうかディレーをほとんど感じられ無かったです。 私の職業が開発者であるためか、プログラミング作業中にキーボードやマウスのディレーが現われれば、他の人に比べて非常に鋭敏に反応する傾向があります。

それで無線を選好しなかったけど最近は技術が良くなって無線の装備もディレー現象がほとんどないようですね。 一見すると、最近は有線を書くのがもっと厄介事ときがありますね。 無線を使用し、先に人々の圧迫で脱いで飛べていいと思います。

それで私が最近に使用するマウスがブルートゥースマウスです。 私が使うノートパソコンとカルマッチュムをするために何も考えずに買ったが、まだブルートゥースマウスは大きく推薦に値したのではないそうですね。 。。。

 

それでもまあ・・・もう買っており、また、私のパソコンと一緒に使用すると、ポデ(?)も出ているため、引き続き使用しています。 ところが、ブルートゥースなので中間に一度ずつ切れる現象が湧いてきました。 これは何。ブルルトゥースの特性と思って越えて行こうとしたが、使用しながらいつも切ってなるから神経が出ました。

それで検索をちょっとしてみたら解決方法がありました。 ブルートゥース属性を一つだけ変更してくればいいですね。


ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法
ブルートゥースマウス連結切れる問題解決に向け、まずデスクトップの"マイコンピュータ"や"開始"の"コンピューター"でマウスを右クリックして[属性]をクリックします。

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

プロパティウィンドウで左上にある[装置管理者]をクリックします。

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

[装置管理者]のウインドウが現れたら装置の項目でブルルトゥス項目を選択すると、下位項目でマウスの名前が書かれた項目を選択した後、マウスを右クリックで[属性]を選択します。

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

[属性]ウィンドウが表示されたら、[全員管理]タブを選択して、以下の部分にある"全員を節約するため、コンピューターがこの装置を集めることができること"項目にチェックができているかを確認してください。

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

もし、チェックができているなら、チェックを解除してください。


▶また、他の方法
もし、上記方法通りに探して行ったが、田園管理]タブが見えなかったり、設定をすることができないときはブルートゥース設定ですぐ入ってしなければならないのです。

作業表示ライン右トレイアイコンにブルートゥースを尋ねてマウス右クリックして[設定開く]をします。

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

ブルートゥース設定ウィンドウが表示されたら、すぐ見える[オプション]タブで検索部分にある"Bluetooth装置がこのコンピュータを見つけることができるように許容"にチェックができているかを確認してください。

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

もし、チェックが解除されているなら、チェックをしてください。


こんな風にすれば、ブルートゥースマウス連結切れる問題解決は終わります。 普通の使用者なら上方法で切れる現象がサラなるはずです。 しかし、有線比...少しのディレーは仕方ないですね。 。。。

それでもまあ・・・大きく使えない程度はありませんので、適応しながら使わなければなりません。 ポデのために... 。

Remove all ads

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

 


職業が開発者であるためか、キーボードとマウスに非常に敏感にふるまいます。 キーボードやマウスの使用の際、私の手にべたべた風邪は製品を使わなければならないために購入の際、かなり悩みをたくさんしてなるべく実物を見て購買するつもりです。 しきれず、実物を見ない場合、調査でも見ようとたくさん努力しています。

しかも機械式キーボードを長らく使ってきた私に、一般のキーボードを選択することはかなり難しいです。 どうしても手の安らかさや太田率が高く、相当不便な部分が多いです。

しかし、事務室の環境が、機械式を書くのはちょっと難しそう、また、私が最近無線に陥って、特にブルートゥースに抜けてキーボードかマウスでも無線を好むようになって機械式は使用が難しくなってきました。

それで選んで選んで選択したことがマイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスのセットです。。 事実ブルートゥースマウスは選択の幅があるがブルートゥースキーボードは選択の幅がかなり狭いです。 ほとんどがモバイルに合わせられたことが多いPC用に使用できるブルートゥース鍵見はほとんどなかったです。

それで選んだため、マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセットを選択するようになりました。 幸い、マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボードのデザインがかなりコンパクトしてシンプルでかなり気に入りました。 また、私が好きな艶消しで、さらにもっと気に入りました。

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

しかし、マウスはあまり気に入らないですね。 まずはデザインが私が好む形態ではなくとても平たくて使用することはできないって思いました。 それでどうするかと考えするそれでもセットを使用したいという聞いて選択をしました。

私がこの製品を使用して1年が過ぎたようです。 上の写真を拡大してみたらおそらく手垢がたくさんついたことを確認することができるのです。 。

1年以上使用しながら、食べている主観的な感じはSo Soです。 良くも悪くも、良くもないという感じ...(笑)

割と高い金額(10万ウォンに迫る...)を渡して購入した製品だとむやみにネペン旗もできなかっので書いていて、書いてみたら良いと思いて書いてあるが、さらに良いブルートゥース製品があれば換えたい感じ...かなり複雑します。 。

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

キーボードはご覧のようにかなりシンプルでコムペクトゥします。 無駄のないことを感じます。 しかし、全ての鍵ボタンはみんないます。

キーボードのキーボードの配列を見れば分かると思いますが、一般のキーボードと大きく違わないです。 それで使用するのが大きく異なる部分はありません。 ただし、一つのカーソル位置が一間くらい左に飼っしています。 コンパクトなキーボード配列だからやむを得ない選択でないかと思います。

ところが、まだ私はここに適応できずにミスをします。 オープン側カーソルを押すというのがいつも0を押しますね。 左カーソルを制しなければならない下カーソルを押してね。 それでコンパイルエラーを多く出しています。 。。。一度身につけたキーボード配列なので、そのような第1年以上使用するのにまだ適応ができないですね。 私が変なのかな... 。。。

開発者はPage Up、Down、Home、Endボタンもかなり多く使用するのが配列が間違ってちょっと不便な部分があります。 それでもまあ・・・このキドゥルはある程度適応となるカーソルキーはまだ慣れてないという。

これ一つを除いたら残りは大きく不便な点がありません。 キガムもなかなか一方でタイピング市音(騷音)も静かな方だと事務室で使用するのにちょうどいいキーボードだと思います。 プルタイプだが、サイズも一般のキーボードよりはるかに小さくて空間も占有しない狭い机を使用する方たちとだけ申し分ないでしょう。 ^^

このキーボードを初めて書いた時、余談を申し上げますとポンソンキ(F1~F12)のためにかなり当惑してしました。 私が開発者とポンソンキをかなり多く使ったが、このポンソンキが機能することで作動していたんです。 あきれて最初は'ひゃ~高く払って買ったが、捨てなければならないが、'という考えまでしました。

ところが、まあ・・・機能というのが設定する方法があるでしょう。 団地説明ができていないだけ...。。

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

上のイメージからご覧のようにFnキーを一度押せば、あんなに火が入って来るのにそれではキヌンキよりポンソンキが優先的に作動します。 機能キはもうFnキーの組み合わせで使用しなければならず、言葉です。 このことに最初にどれ程当惑してしたのか... (笑)

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

事実マウスはきれいだとしている方々もいらっしゃるのにあの主観的な立場ではきれいではないです。 ちょっとユニークなデザインとしなければならないんだ。 どうも脈に沿ってしたんですがあまりよさそうには見えませんね。

そして薄すぎるのでそうかグリップ感があまり良くないです。 犬個人的な立場で申し上げますと、キーボードとセットがないなら、強いてこのマウスを使用しないらしいです。 今はある程度適応になったが最初はかなり不自然でした。

そして写真で見れば分かると思いますが、白べき部分に手垢がすごっく聞くのです。 ホイール部分に穴が開いているが、それに手垢がかなり多く含まれます。 イスシゲで採掘するのも大変ですね。 。。。

だたひとつの長所だと考えているのは薄くて持って谷彼はいいと思います。 かばんに入れても大きく負担されていない容積とノート型パソコン使用者たちには良さそうです。 私もノート型パソコンを使用しているのだからセットということや、この部分のために使用をしています。

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセット

マイクロソフトデザイナーブルートゥースキーボード、マウスセットの特徴で、バッテリーを交換部分が磁石になっているというのです。 使用上に影響はないが、それでもバッテリーを交換市他の製品に比べて容易にできていいと思います。

ブルートゥースマウス連結切れる問題の解決方法

価格対比、誰にでも推薦した製品ではないようです。 10万ウォンに迫る価格であるにもかかわらず、大きなメリットだと自慢できるのがなさそうです。 デザインだけは高い点数を与えたいが、使用上の点数はそうですねです。

購買を思っている方がいらっしゃればぜひ実物を見て体験してみた後購入をお願いします。 易しくはないが... 。。。

個人的な望みでPCで使用できるプルタイプのブルートゥースキーボードの種類が多かったら良いですね。 今はとても選択の余地がないこといきました。 まあ・・・一般PCにはブルートゥース装置がなくてPC用ブルートゥースキーボードは多くないが、それでも、ある程度の需要はあるんだけど製品がないですね。 。。。

Remove all ads

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面別に設定すること

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定すること 





最近モニター2つ以上使用する使用すぎます。 エチョングヮグラフィックカードでもデュアルモニター支援してくれるのがいためにモニターさえあれば、2よく使います。

事務ではできればモニター2たくさん使用ているようです。どうしても1使用するのよりは2使用することが業務はるかに効率部分からです。

事務ノートパソコンを使用するのにモニター会社から支援してくれてデュアルモニター拡張モード使用ています。 ところでモニターごとに初期画面じなのらないですね。 モニターごとにデスクトップ画面設定すれば、はるかにかといました。

使用する運営システムがウィンドウ10だが、いに別途プログラムや複雑設定しで簡単デュアルモニターごとにデスクトップ画面設定できるようになっていました。 ウィンドウ7ではこんないをしなくて壁紙設定しようとしなかったが、ウィンドウ10では、このようながしました。

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定することするためには、まずウィンドウ10すべての設定画面ります。

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定すること

ウィンドウ10すべての設定画面[個人設定]をして基本画面背景選択されているか確認します。

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定すること

背景画面イメージのように"参照"ボタンしてまず使用しようとする背景画面選択します。 デュアル使用なければならないため、2選択します。 2選択できないため、ずつ2をしてください。

このように設定になると"使用写真選択"領域使用選択したイメージれるです。 それでは使用しているイメージマウスをクリックをしてください。

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定すること

のイメージからのようにデュアルモニターがっていれば、のように選択モニターそれぞれヒナタです。 それでは希望するモニター選択のイメージを適用させてください。

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定すること

のイメージと一緒デュアルモニターそれぞれイメージデスクトップ画面指定しました。 

このように指定デュアルモニターデスクトップ画面確認してみると、使用設定したイメージそれぞれデスクトップ画面設定されていることを確認できるものです。

ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定すること

デスクトップ画面設定して使用たらなんだかかちょっとうようにせてコンピューター2使用ているという勘違いもってじがいいですね。 いていせたりもしてですね。 ^^

モニター2以上連結使用するウィンドウ10ユーザーであれば、ウィンドウ10デュアルモニターごとに初期画面設定すること背景画面設定使用してみてください。 大丈夫設定っています。 

Remove all ads

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

 

ウインドウには本当に多くのスケジュルロとサービスが回っていています。 ウィンドウ、基本的にしておいたものが多く、非専門家の使用者たちが直接必要ない部分を引くのは難しい部分があります。

もしかして個別に設置したプログラムがウィンドウサービスやスケジュルロを利用し、これは、消えてあれば設置したプログラムを使用できなくなる場合があります。。 しかもこのような場合は原因を探すのがもの凄くうるさいた部分があります。

だから私はできればウィンドウ基本スケジュルロやサービスを消していません。 以前最適化に心酔しているときは小さなこと一つも必要ないものは惹かれてとしたが、それがウィンドウの使用に大きなメリットがなく、もしかして個別に設置したプログラムを使用できない問題が発生する可能性もあり、これはこの部分は大きく設定しません。

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

しかし。。。

ウインドウにはウィンドウだけを向けたサービスとスケジュルロがあります。 実はこの部分は自社(牛馬)でデート収集を目的としておいたものもあり、この部分を切ったほうがよさそうです。 この設定はしなくてもかまわないが内容を見て機能が気になるお方だけでお願いします。 ^^


*不必要なスケジュルロを消す
知ってらっしゃる方々はご存知のようにスケジュルロのリストを見ると、本当に多くのスケジュルロが登録されています。 事実見ると、何言っているのか分からないものがほとんどです。 それを全部知ってコントロールするのは大変です。 しかし、下記の多くは、マイクロソフトで情報を送ることなので切ってもウィンドウを使用しているが、何の支障はないと考えられます。

不要なスケジュルロを消すためは、[ウィンドウき+S]を通じた検索で"作業スケジュルロ"を検索して実行させます。 作業スケジュルロで基本経路は下記の通りです。

作業スケジュルロ>作業スケジュルロライブラリ>Microsoft>Windows

上ルートを基本として、以下の説明する経路に移動すればいいです。

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

▲の上のイメージから手当たり次第[Application Experience]に移動して右側に見えるMicrosoft Compatibility Appraiser、ProgramDataUpdater、StartupAppTask、三つの項目をマウスを右クリックして使用しないことを選択します。

上三つの項目は、分析情報をマイクロソフトで送って開始項目のお知らせを担当します。 ウィンドウの使用にそれほど必要ないので切っても関係がないと思います。

しかし、最後にあるStartupAppTask項目は必要なようだが、私のような場合、常に初めプログラム管理をしているために必要ないようて使用しないことに設定しました。 もしスタートプログラム管理をしない方たちはただおいてもれているようです。

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

▲の上のイメージに見え次第、[Customer Experience Improvement Program]移動して、右手に見えるConsolidator、KernelCeipTask、UsbCeip項目をそれぞれマウスを右クリックして使用しないことを選択します。

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

▲そして再びDiskDiagnostic移動してMicrosoft-Windows-DiskDiagnosticDataCollector、Microsoft-Windows-DiskDiagnosticResolver項目をマウスを右クリックして使用しないことを選択します。

上五つの項目は、使用者環境改善情報をマイクロソフトに送る機能を遂行するスケジュルロです。 使用しなくてもウィンドウの使用に何の支障がありません。 何であれ、私のウィンドウで情報を送るって言ったらなんだか消しておいたほうが良いでしょう。 ^^

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

▲そして最後に[Autochk>Proxy]、[Maintenance>WinSAT]、Power Efficiency Diagnostics>AnalyzeSystem]を使用しないことに設定します。

上三つの項目も大幅に必要でない部分です。 オフにも関係ないと考えられます。

▼もし上紹介したスケジュルロがどんな内容なのか知りたい方たちは、当該スケジュルロをクリックすると下段の説明部分に詳細説明されているのでご参考願います。

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

それぞれの説明部分を参考に橋よ使用者の方々が判断して使用、使用しないことを選んだほうが賢明だろうと思います。

私は上の項目すべてを使用しないことに設定し、かなり長い時間使用しているが、ウィンドウの使用に何の問題がなさそうです。 しかし、使用者環境ごとにこのような設定が及ぼす影響は違う可能性があるからうまく判断して設定してください。


*不必要なウィンドウサービス
ウィンドウサービス部分も不要な部分があります。 セキュリティ上必ずオフにしなければならないものもあります。

冒頭にも申し上げたように、特にウィンドウサービスの場合できればウィンドウ自体サービスは切らないとは注意です。 しかし、いくつかのサービスは消しておいたほうが良いものもありますので見て判断してみてください。

作業スケジュルロと同様に[ウィンドウき+S]を通じた検索で"サービス"と検索して実行します。

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

ウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消す

▲ウィンドウサービスで上のイメージからのようにConnected User Experiences and Telemetry、Remote Desktop Services、Remote Registry項目を探して[マウスを右クリック>属性]で"使用しない"を選択します。

上三つのサービス項目はウィンドウの使用に大きな影響を及ぼさないから使用しないとして使っても大きな問題がないと考えられます。


以上のウィンドウ10最適化不必要なスケジュルロやサービスを消すのにでした。 私は上記のように設定してもウィンドウの使用に何の問題がありません。 しかし、もし上記のように設定して問題が生じる場合、再び逆順で復帰をしてください。 私に問題がないとしても、他の環境では問題がなりうるので、この部分は私がどうもできない部分だと思います。 。。。

もし、仕様が低いPCで上記のように設定する場合、システムパフォーマンスに少しでも役になりますのでウィンドウをちょっと知ったとしている方はよく判断して設定してみてください。 ^^

Remove all ads