ネットワーク設定

[CentOS]ネットワーク設定
 
4年byものまねの上手な人
CentOSNetInstall方法でインストールした場合DHCP(自動-default値、もしくはManual(手動)の中の一つを選択して設置行われです。 手動での固定(static)アイピー付与したなら、別に設定することはないだろうが、デフォルト値として提供するDHCP利用していればサーバーIP固定するために簡単な設定添えなければなりません。
/etc/sysconfig/networkシステム全体に対するGlobalした基本ゲートウェイアドレス設定とホストネーム、ネットワーキングの連結許可するかどうかを設定する。 ホストネームは設置中に入力した内容反映される。
BASH
vi/etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
HOSTNAME=uzuro.com 
GATEWAY=192.168.0.1

設定変更後には/etc/rc.d/init.d/network restartでネットワーク再起動する。
/etc/resolv.conf・ネームサーバ設定基本的に使用するドメイン名を設定する。 すなわちホスト名だけを指定した場合ホスト名の後ろに付くことになるドメイン名をsearchの行から指定したドメイン使用する。 (ex.ftp->ftp.uzuro.comで自動的にドメインがつく)。 また、search指示者は、複数のドメイン指定することもできのに少なくとも1つ最大6つまで設定でき、最初のドメイン基本ドメインなる。(ex.search www.uzuro.com uzuro.com)
ゾルバードル記号($)セミコロン(;)で始まるライン主席と認識する。
BASH
vi/etc/resolv.conf

;generated by/sbin/dhclient-script
search uzuro.com
nameserver 168.126.63.1
nameserver 168.126.63.2 

設定変更後には/etc/rc.d/init.d/network restartでネットワーク再起動する。
ネームサーバ複数指定することができ、最初のネームサーバが作動ない場合は次のネームサーバが作動する。 
インターネットサービス会社SKブロードバンド)オレKTLGユープラス基本DNSサーバ219.250.36.130168.126.63.1164.124.107.9補助DNSサーバ210.220.163.82168.126.63.2203.248.242.2
このほかにも追加可能な指示者たちdomain uzuro.comdomain指示者利用ドメイン設定したなら、ホストネーム見て基本ドメイン設定するのではなく、domain指示者よる価格を優先する。 もしresolv.confファイルdomain、search指示者が二人とも適用されているなら、にある指示者が適用される。
sortlist 210.233.12.150/255.255.255.0指示者質疑に対する応答で一つ以上IP情報リターンするとき好むネットワークサブネット指定ゾルバーがいくつかの住所の中からご希望のネットワークIPアドレスを優先的に持つように設定する。
option-debugもしゾルバーコンパイルするときDEBUG定義してした場合、この指示者により、多くのデバッグ情報を見ることができる。
option-ndotssearchリストドメインを後加えるゾルバー入力された名前をそのまま探索できるように入力されたドメイン名が必ず設けなければならない最小個数である。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0eth0システム設置されているイーサネットカード(LanCard)名称で最初のイーサネットカード意味する。 この設定ファイルでゲートウェイや他の設定事項異なる設定ファイルと重複する可能性もあるが、この場合、そこ設定ファイルが優先されて適用される。
下はDHCPモードで設置した場合、設定されている内容だ。
BASH
vi/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX:XX
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
UUID=XXXXXXX-XXX-XXX-XXX-XXXXXXX

上記のような内容固定IP付与に向けて受精する。
BASH
vi/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 

#バイス最初のイーサネットカード 
DEVICE=eth0 
#IP付与方式決定、static固定IP
BOOTPROTO=static 
#イーサネットカードMACアドレス
HWADDR=XX:XX:XX:XX:XX:XX 
#GUIモードでの便利なネットワーク設定の許容、TUIでは必要ない 
NM_CONTROLLED=no
#システム開始の際、自動的に活性化 
ONBOOT=yes 
#Ethernet対する設定
TYPE=Ethernet 
#固有ID付与すること自動的に付与されること
UUID=XXXXXXX-XXX-XXX-XXX-XXXXXXX 
#ブロードキャスト指定
BROADCAST=192.168.0.255 
#IPアドレス指定
IPADDR=192.168.0.5
#サブネットマスク指定 
NETMASK=255.255.255.0 
#ネットワーク指定 
NETWORK=192.168.0.0 
#Wake On Lan機能の活性化、Ethtoolこの必要だが、CentOS基本設置されている
ETHTOOL_OPTS=wol g 
#一般利用者eth0制御可能にするかかどうか
USERCTL=no 
#IPV6を使用するかどうか
IPV6INIT=no 

設定変更後には/etc/rc.d/init.d/network restartでネットワーク再起動する。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-loファイル設定内容はほとんど固定されていて、別枠で設定することがない。 ただ、もしloというループバックイーサネットがなくなったり、正常な作動ならないのなら、ファイル内容確認する。
BASH
vi/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo

DEVICE=lo
IPADDR=127.0.0.1
NETMASK=255.0.0.0
NETWORK=127.0.0.0

#If you're having problems with gated making 127.0.0.0/8 amartian、
#you can change this to something else(255.255.255.255、forexample)
BROADCAST=127.255.255.255
ONBOOT=yes
NAME=loopback

IPv6の中断どう理由でIPv6中断するためには、下記のようにすればいい。 しかし、CentOS 6 FAQよるとSELinuxなどとの互換性問題に推奨しないという。
BASH
ifconfig

eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:0E:82:2F
inet addr:192.168.0.5 Bcast:192.168.0.255 Mask:255.255.255.0
#の下がIPv6設定状態
inet6 addr:fe80::20c:29ff:fe0e:822f/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:8807 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:8376 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:861904(841.7 KiB)TX bytes:908676(887.3 KiB)
基本的にipv6この活性化状態だ。 これを非活性化する。
BASH
echo"net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1"~/etc/sysctl.conf

無効化したのか、もう確認してみよう
BASH
ifconfig

eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:0E:82:2F
inet addr:192.168.0.5 Bcast:192.168.0.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:8807 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:8376 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:861904(841.7 KiB)TX bytes:908676(887.3 KiB)
Remove all ads