ワードプレスは万能なのか? -テキストキューブよりも良い点、できなかった

ワードプレスリナックスと似ている。 世界で広く使われ、土台(ソース)が公開され、誰でも直して使えるのが同じで、リナックスの応用フル絵が開発されるようにワードプレスもテーマやプラグインがたくさん出ているのも似ている。 リナックスはただで使うことができるが、リナックスを書いて機械を作って売ってサーバーを運営してお金を稼ぐことのように、ワードプレスを書いて企業のブログを運営したり、テーマ/プラグインを作って売る姿も不慣れでない。
初期のリナックスにハングル版がなかったように、2003年に出始めたワードプレスも2007年、ハングル版が出始めた。 最初は英語版が出ておいて月が過ぎてから、ようやくハングル版が出ており、最初から版を欠くこともあった。 しかし、最近はワードプレスハングル版が英語版とほぼ一緒に出ている。 ハングル支援問題はワードプレスが広く使われる苦労し障害だったが、これはワードプレスハングル版が国産のブログツールであるテキスト・キューブの居場所を脅かしている。
ワードプレスハングル管理者画面
ワードプレスハングル管理者画面
ワードプレス英文管理者画面
ワードプレス英文管理者画面

テキストキューブが個人ブログツールという印象が濃いのなら、ワードプレスはブログの水準を越えたりする道具として知られている。 ツイッターフェイスブックのようなSNSが他のウェブ要素によく浸透して影響力を高めているなら、ワードプレスは他のウェブ道具をつけやすい形式を整えて影響力を育てている。 しかし、使える機能の幅が広いとして誰でもすべての機能を簡単に享受できるという意味ではない。 初の姿が慣れないしフォンヘ見えるワードプレスに使えそうな機能を満たすにはブログの運営者がやることが多い。
2000年代後半に韓国のブログ環境を率いてきたテキストキューブは最近開発支援が減り、人気が衰えていく段階にある。 しかしテキストキューブはまだ国内で設置型のブログツールとして続いてきた魅力が残っていて、国内環境を察してブログの基本機能を並べた時にはワードプレスとテキストのキューブの好不調の点が互いに食い違うことがある。 二つ設置型のブログツールがどの点がもっとましでできないかを一つずつ見比べてみている。

ワードプレスが良い点

急速な開発/改善速度

テキストキューブは2011年に1.8.6版が出た後に2人の日が過ぎても新正式版が出ていない。 幸い、ベータ版(試行版)は2012年まで出回ったが、今年に入ってからはベータパンマ私出ていない。 彼とは違って、ワードプレスは一ヵ月も経たないことだけに、正式版がたびたびパンオルリムなっている。 冷静に見ると、この開発が中断されるわけではないかという心配まで聞いたテキストキューブよりフソクパン開発の持続的なワードプレスがテキストキューブより長く使えるブログツールとして適当だと言える。
数え切れないほど多くの補助道具

ワードプレスの補助道具は数え切れないほど多い。 世界で広く使われているブログツールらしく、ブロッグを書く一般の人が考えられる機能はほぼプラグインに出ていると見てもいいくらいだ。 ワードプレステーマもテキストキューブのスキンに比べられないほど多様だ。 どんなものを選んで使うかが、むしろ悩みの種になったりする。
しかしテキストキューブは、国内だけでも使われるため、ワードプレスよりプラグインとスキン(テーマ)の種類がはるかに少ない。 テキストキューブは有料道具を見にくいのとは違い、ワードプレスは有料道具を使う様子があまり不慣れでないほど有料、補助道具市場が固められていて開発者たちを刺激している。
自動インストール/更新機能

最近広く使われているウェブ道具として改善版が出ないことがほとんどない。 設置型のウェブ道具を使うならもっと改善された板でパンオルリムしてくれることを維持/保守作業にすることになる。 ワードプレスは他のウェブ道具よりも中身(コア)、テーマ、プラグインがよくパンオルリムとなっていてこれらをすべてファイルで受けて、一つ一つ設置が非常に面倒だ。 幸い、ワードプレスには自動更新機能があってウェブ管理画面で何度タルカクゴリただけですでに敷かれているあらゆる道具を新しい版にパンオルリムすることができる。
ワードプレス自動更新機能(Wordpress Update)
ワードプレス自動更新機能(Wordpress Update)
自動インストール機能はテキストキューブにはない機能だ。 テキストキューブは、ウェブ画面ではなく、FTPSSHに入って道具を構築しなければならないので、新しいプラグインとスキンが出ても、よほどでなければイェッパンをそのまま書いている姿をテキストキューブブログでたびたび目にする。
とても単純に管理して運営するワードプレスブログでは自動更新機能が便利だが、ワードプレスを直して使っている時に自動更新機能を使ったら、直して使った内容が飛ばされやすいため注意しなければならない。
融通の良い文つ(詩の分類)とコメント機能

テキストキューブは文つ(詩の分類、カテゴリー)機能で書き込みを二段階まで分けておくことができる。 文章は一文つだけに入れることができる。
ワードプレスはほとんどの制限なしに文つの段階をさらに置くことができる。主な、1のような文をいくつかの文章部分に一緒にアップロードしておくこともある。 文つを細かく分ける必要があるブログであればあるほどであるワードプレスの書き込みパターンの機能が便利だ。
また、ワードプレスはテーマで支援することになれば、階層型の書き込み(threaded comment)を10段階までコメント段階を置くことができる。主な、2コメントについた返事、またその返事に対する返事をつけるやり方で入ったコメント階層を細分することができる。 テキストキューブで使えるコメントの階層は、ただ二つの段階だ。
多国語環境に有利なウェブアドレス機能

テキストキューブでウェブアドレスでメール住所を書くように設定すると、文タイトル・文つ・やりがい末(タグ)にハングルがドゥルオガルをさい、ウェブアドレスにハングルが入る。 テキストキューブの中で文タイトルの住所は変えることができるが、文を行くとやりがい言葉の住所は数字の住所を書く方法以外にはハングルが入ったウェブアドレスをハングルが入っていない住所に変える機能がない。主な、3
ワードプレスは文タイトル・文つ・やりがいの語をどのものでも住所を違うように変えることができる。 これはコレクタ最適化(SEO;Search Engine Optimization)を意識した機能だが、この機能でアドレスを変えてハングルや漢字・記号がウェブアドレスに入った時、起こり得る問題を避けることができる。 また、これを通じて多国語で文章を書くことができるようにしてくれるプラグインを書くときにも書き込みつ・やりがい言葉の住所が国の言葉によって別々に指定されて住所がお互いに重なる問題を避けることができる。
もっと優れた添付ファイル管理機能

テキストキューブは文を書かない、ファイルだけを別に載せることができず、添付ファイルを一箇所で管理する機能がない。 あるファイルがある文に上がっているかを忘れたら探すためにさ迷う時が出てくることもある。
ワードプレスは管理画面にあるメディアライブラリ(media library)機能として掲載したファイルを管理することができる。 あるファイルがある文に入ったのか探しやすく、そのファイルについた方(ページ)を別々に作ることもできる。 文を書く先立ち、ファイルを前もって値上げしておくこともある。
ワードプレスではプレビュー(thumbnail)の大きさ、小さな大きさ、中間サイズ、大きな大きさのように大きさごとに絵ファイルを複数保存できる。 絵ファイルの大きさを変えて再び保存したり、絵を説明するタイトルまたは代替文(alterative text)を別に指定することができる。 そのようなワードプレスの枠組みを資料仕組みを活用してギャラリー機能で絵を広げて見せているプラグインもかなり出ている。
PHPをすぐ入れられるテーマ

テキストキューブはスキンにすぐPHPを使えず、プラグインを通じてPHPを使うことができる。 スキンに置換者を入れてチフヮンジャに内容をまくプラグインを入れるようだ。 ワードプレスはテーマにすぐPHPを入れられるので、簡単な機能は、テーマで、まさに具現することができる。 細々と条件によって反応するブログを飾る時はプラグインを使用することも書いていないこともあるワードプレスがもっと便利であることができる。
簡単に飛んでいかないテーマ/プラグイン設定

テキストキューブはスキンを変えれば、スキン詳細設定とウィジェットの設定がともに消えている。 書いていたプラグインを消してからまたつけば、プラグイン設定がなくなる。 このため、操作ミスでスキン、ウィジェットプラグイン設定が飛んでいくことができる危険がいつもいる。主な、4
ワードプレスはテーマを変え、さらに旧テーマに変えれば、テーマとウィジェットの設定も一緒に戻る。 プラグインを消しても、再度点けると、古い設定どおりに作動する。 プラグインとテーマに沿っている再設定(reset)、データベースの掃除(clean database)、消去(uninstall)のようなボタンを押していないように気をつければミスで設定が飛んでいくことを避けることができる。主な、5
側作り

ワードプレスには芳名録機能がまだないが、方(ページ)機能で芳名録のように、客のコメントをつける空間を作ることができる。 ワードプレスの方は入れる方法が一般ブログの書き込みと同じだが、一般ブログの書き込みと住所体系と外見が異なることがある。 ヌリジプ地図(sitemap)を入れる時にも方向機能が使われ、機関のブログを作る際に活用の幅が広い。
テキストキューブは芳名録機能が別にいるが、ワードプレスのようにブログの書き込みがない方(page)を別途作る機能はない。 (2014.1.3なお)
ワードプレスがテキストキューブよりできなかった点

基本機能はさらに少ない

テキストキューブで基本的に提供されるプラグイン数がかなりいて、手軽にすぐに使えるものが多い。 例えば、迷惑を防ぐFASプラグインはそのまま起動するだけしてもすぐ作動する。 移動機器(モバイル機器)画面機能もテキストキューブはプラグイン機能ではなく、基本機能で作動する。主な、6
しかし、ワードプレス配布ファイルを取ってみるとプラグインはスパムを防ぐAkismet万たった一つ挙げている。 そんなに複雑しなくても、Akismetがその役割をするには、アカウントを登録してAPI鍵番号を受けて設定値に入れなければならない。 他のワードプレスプラグインらは使う人が知るてダウンロードしなければならないため、基本状態のワードプレスは、テキストキューブよりも寂しがって見せることがある。
韓国環境にぴったりのテーマやプラグインが珍しい

多くのワードプレス補助道具が外国環境で開発されるので、韓国環境に合わせたテーマやプラグインを探したり、英文道具に適応することもあるワードプレスブログの運営者の役目だ。
最初は図案が独特なテーマが数え切れないほど多くて驚き、嬉しいかもしれないが、ブログに適用してみたら、ハングルを使う環境でよく整えられたテーマが珍しいのが残念なことだ。 ワードプレスの多くのテーマは英文環境に合わせて出されており、ハングルを使う環境を配慮したのは非常に稀である。 見本を見た時は多様で華やかに見えるワードプレステーマを書こうと敷いてみると、ただハングルだけ入れただけなのに不自然に見せる時が多い。
最も先にかかることは、フォントサイズである。 ハングルはローマ字)より字が多く、モアスことをするためにローマ字よりも字が大きいこと分かり良い。 ローマ字にぴったりと合うように字の大きさを減らしたテーマはハングルが小さな字で出る問題が生じる。
フォントの種類もかかる。 ハングルを使わない環境で作られた外国産テーマにハングルの書体が指定されているはずはない。 それで外国産テーマを使えばウェブヌビゲ(いわゆるブラウザ)によってハングルが他のフォントが出る可能性がある尾は問題を経験したりする。
ハングルの大きさやフォントの種類はテーマのCSSファイルを直して変えることができる。 とても単純なテーマはCSSを少しだけ直しても済むのだから、簡単ですが、英語の字体に合わせて行間隔・文字幅・余白が微細に合わせられたテーマは思ったよりCSSを直す作業が難しいことがある。
ワードプレスの補助道具をよく選んで使っていることは初心者に容易ではない問題だ。 よく使われる機能を盛り込んだプラグインは似た名前で複数の出る時が多いために、役立つような情報を見つけられないなら、どのツールがいいか一つずつ書いて見て評価してみなければならない可能性もある。 また、すでに出ている道具があまりにも多くの点が韓国の趣向に合うワードプレス道具が出にくいようにする原因になることもある。
それでもいくつかの開発者たちが苦労して本来英語でなったのをハングルで出るように変えたプラグインとスキンを出している。主な、7、そうでないプラグインは自分で韓国語に合うように修正したり、英文にそのまま使うしかない。

国内環境と他の疎通文化

国内でコメント取り付ける際にウェブアドレスは席に外国では電子メール住所を入れることもある。 テトツールズ基盤のブログのテキストキューブとティーストーリでは慣れたコメントアリミ機能があるワードプレスではなくて惜しいことができる。 ワードプレスを国内環境に合わせて使うためには、意思疎通の方法と文化の違いにテーマやプラグインを敷いたり整備する作業をしなければならないことができる。
しかし、疎通の問題は韓国でワードプレスを使う彼らが増えるほど簡単に改善する方策が講じられることができる。 テトツールズ基盤のブログ(ティーストーリ、テキストキューブ)と疏通することができるようにしてくれるコメントアリミプラグインが出ているようにテーマやプラグインを通じて国内疎通環境に合わせていく道が開かれている。 まだテキストキューブでは支援しないピンベク(pingback)機能を・ウィズ・プレスでは、基本機能で使うことができる。

結び目言葉

ワードプレスでいかに多くの機能を享受することができるかどうかは真心込め方次第だ。 使う人がよく扱いして改めれば、単純な無料テーマでも有料テーマを顔負けの素敵なワードプレスブログが出ることもあるが、使う人が飾ることに気を使わないか、物書きに集中するワードプレスブログは荒っぽい姿に使われることもある。主な、8
ブログに望めるのレベルを越えてあまりにもごちゃごちゃに貼り付けておいた機能は長く維持しにくいことができる。 今日はうまくしても、しきりにパンオルリムし、変わっているウェブの道具が重なり合って望む機能がうまく作動しないことが生じる恐れがあるためだ。 ワードプレスに他の専門道具を融合し、掲示板やショッピングモールで書く事例が知られているが、更新周期が短い道具の管理問題を考えると、個人ブログによく使わない機能をたくさんつけたり、有料の道具にあんまり期待はことは勧めすることがない。主な、9
ワードプレスの補助道具が溢れているのは、韓国開発者たちの開発意欲を低下させることもする。 新たに作るほうより、すでに散らばっているテーマやプラグインを選んで直して使った方が便利なためだ。 それでもしかしたら韓国でワードプレスが広く使われても、韓国環境にぴったり合わせたワードプレス道具は思ったよりたくさん出ないことがある。 このような点は経験なしにワードプレスでブログを始めたばかりの人には進入障壁になることができる。
ブログを始めたり、より良いブログツールを望んであるワードプレスを考えているなら、それは、よく書くブログ機能とブログが使われる環境から察することを勧めたい。 韓国で軽い気持ちで書いたブログは、テキストキューブがなおるもある。 テキストのキューブのスキンはワードプレスのテーマより種類ははるかに少ないが、ほとんどが韓国環境で作られて、ハングル環境ですぐに書こうが、概してよりいい。主な、10それでまだ自らテーマ(スキン)を治癒し難い人はテキストキューブの方が設置型のブログを開始するのがもっと易く可能性もある。主な、11しかし文章つをさらに細かく分けたり、英文環境にふさわしいブログを作る時はワードプレスがテキストキューブより有利だ。 他の道具がよく備えていない機能をワードプレスの基本機能や多様な補助道具を通じて使えたら、、ワードプレスを使うやりがいをさらに強化することができるのだ。

Remove all ads